DAC用二次LPF

久し振りにDACネタ。地味に設計を続けています。

DACの出力側に入れるLPF(ローパスフィルタ)ですが、前回の試作ではCRによる単純な一次LPFでした。OPアンプを採用すればシンプルな二次LPFを実装できるのですが、出力部(バッファ)はやっぱりFETに拘りたい。そこで、バッファ部を反転増幅回路にして、OPアンプによる二次LPFと同じように実装できないか検討しています。

試作(とオリジナルの差動ラインプリアンプ)は非反転増幅回路となっており、Q1への入力と同相になるQ2のドレイン電位の変化をQ2へ帰還させていました。これを、入力とは逆相となるQ1のドレイン電位の変化をQ1へ帰還させるように変更します。この時、Q2のドレイン電位の変化を出力として取り出せば、反転増幅回路でありながら、入力と同相の出力が得られると妄想している訳です。

さて、これでFETによる反転増幅回路(?)ができました。これをベースに、多重帰還の挙動を確認してみたいところ。定数はnabeさん設計のDACのものを拝借し、最近購入したLTSpiceの書籍を参考に、シミュレーション中です。結果はまた後日。

カテゴリー: audio タグ: , , , , パーマリンク

DAC用二次LPF への1件のフィードバック

  1. ピンバック: vacu.um-tu.be

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です