トラ技 D級アンプキット作成 その3

次は、シャーシ加工です。前面に電源SWを2つと3.5mmステレオジャックを1つ、背面に2.1mm電源ジャックを4つとスピーカー出力端子を4つ、計11個もの穴を開ける必要があります。なお、前回の記事でも書いた通り、基板は貼り付けボスで固定しますので穴開けは不要です。

方眼紙でざっくりデザインして、実物を当てて寸法や使い勝手などを確認してパーツの配置を決めます。立体的な検討が必要なので、実物を当てて確認することは必須です。位置が決まったら方眼紙を切り抜いてシャーシに貼り、ポンチで位置を転記します。いよいよドリルの出番です。

ポンチで凹ませた点に切削油を1滴垂らし、ドリルの歯を当ててゴリゴリ開けてゆきます。ステップドリルがあるので、まずは通常のドリルの歯で3.2mmの穴を開け、次にステップドリルで拡げてゆきます。電動ドリルは楽でいいですね。ドリルで穴を開け終えたらバリ取りナイフでバリを取り、切削油を洗い流してシャーシ加工は完了です。

余裕があればこの次に塗装なのでしょうが、今回はパス。

カテゴリー: audio タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です