6S4S

ロシア名6C4C。6B4G互換の直熱3極管です。6B4Gの互換ですので、プレート250Vにグリッドバイアス-45Vで60mA流すというお約束的な動作点が基本です。6B4Gと比較してバイアスがやや深くなるという情報もありますが、未確認です。

2A3のヒーター(2.5V 2.5A)を6.3V 1.0Aにしたのが6A3、さらにベースをUS 8ピンのオクタルにしたのが6B4Gです。2枚のプレートが並列に接続されたSylvania製をよく見掛けますが、カーボンスートされた他社製も見掛け ます。また、M字に折り曲げたプレートを2枚合わせたのもあります。最近はSovtekの1枚プレートが入手しやすいと思います。

で、当の6S4Sですが、旧ロゴ(Winged-C)のSvetlanaとして流通しているようです。秋葉原であれば、ラジオデパートのサンエイさ んか末広町寄りのタクトさんで購入できると思います。Yahoo!オークションにも商社のロゴ付きでよく出品されています。eBayであれば、ほぼコンス タントに出品されています。

日本ではSylvania製6B4Gが1ペア\15,000前後しますが、eBayであればほぼ半額。6S4SならeBayで1ペア$50$40程度です。お買い得ですね。

ギャラリー

ガッシリとした元箱入りです。箱の中でもしっかりと固定されています。箱にはデータシートが同梱されています。

外観は、米国製6B4Gがスッキリスマートなのに対して、マトリョーシカを彷彿とさせる下膨れっぽくやや丸みを帯びた印象。ヒーターはバネ状のスプリングで吊されています。プレートはM字に曲げたものを併わせた形状。ゲッターリングはD型でもO型でも円盤でもお椀型でもなく、扇子型(?)。

USオクタルベースのピンは、55年製のものには8本あるものの、63年製のものには5本しかありません。使われていないピンは排除された模様です。

6S4S 外観6S4S スプリング6S4S プレート6S4S ゲッターリング6S4S(\'55年製) ベース6S4S(\'63年製) ベース6S4S 元箱6S4S データシート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です