理解しながら作るヘッドホン・アンプ

書籍『情熱の真空管アンプ』でおなじみ、ぺるけ師匠こと木村哲さんの新著です。ウェブサイト「情熱の真空管」で公開されているFET式差動ヘッドホンアンプ(DC12V 改訂版)を一部改修したヘッドホンアンプについて、回路の説明がなされています。改修箇所はこんなところ。

  • 初段定電流回路がカレントミラーに
  • 初段FETのバイアス調整VR追加
  • ケミコンはすべて470uF/16Vをパラで

この書籍でヘッドホンアンプを設計できるようになれるものではありませんが、なぜこのような回路になっているのか、について逐一説明がなされています。定電流回路の比較やダイヤモンドバッファの解説などなど、参考になります。また、製作過程についても回路設計、部品集めからトラブルシューティング、測定に至るまで解説してあります。特にトラブルシューティングは参考になるのではないでしょうか。巻末の部品や工具についての章も参考になります。

この書籍には、ぺるけさん設計のプリント基板も付属しています。配線を間違う心配はありません。とは言え、当然、部品の取り付けは間違う可能性はありますので、基板にプリントされているレタリングを確認しながら部品を取り付けましょう。集積度は高くありませんので、初心者でも失敗することは少ないと思います。

プリント基板には、電源トランスを利用する場合のパターンも付属していますので、スイッチング電源ではなく電源トランスを使いたい、というニーズにも応えられるようになっています。

調整箇所は初段のバイアス電圧と利得(負帰還)のみですが、ちゃんとした性能が出るよう設計されています。

例によって、サポートぺージサポート掲示板が充実しています。サポートページでは、部品配布も行われています。ヘッドホンアンプを自作してみたいけど、プリント基板を自作したりパーツを独力で集めたりするのが困難あるいは面倒、という方にうってつけです。

また、書籍を購入した方を対象に、基板を有償で頒布しています。一人一枚のみですが、基板を壊してしまった、あるいはもう一台作ってみたい、という方はご利用されてはいかがでしょうか。なお、初版だからか、少々誤植の類いが多いようです。最新の情報はサポートページをご確認下さい。

  • 著者: 木村哲
  • 出版: CQ出版
  • ISBN: 4789812502
  • 価格: \3,150

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です