xlr」タグアーカイブ

AKG K701バランス化 その2

それでは、AKG K701をバランス化します。なお、このブログ記事を見て同様の改造を行った場合の結果について、私は責任を負えません。自己責任において改造して下さい。

カテゴリー: audio | タグ: , , , , | コメントする

AKG K701バランス化 その1

アニメ「けいおん!」のキャラが作中で使っていたことで一躍有名になったヘッドホンAKG K701ですが、先の記事にも書いたように、ケーブルは4芯構造になっています。つまり、50cmぐらいケーブルを残して(理由は後述)フォーンプラグを切り落として、XLRコプラグに接続し直すだけでバランス化できます。 この4芯は、赤、黒、黄、白、の4色に分かれていますが、それぞれが右チャネルのhot, cold, 左チャネルのhot, coldとなります。つまり、5ピンのXLRプラグを繋ぐ場合、1番は空き、2番に黄、3番に白、4番に赤、5番に黒を接続することになります。入力側なので、メスのプラグを使いましょう。 既存の不平衡出力(フォーンプラグ)しかないヘッドホンアンプにも接続できるよう、変換ケーブルも作っておくとよいでしょう。切り落としたフォーンプラグに50cmほどケーブルを残しておけば、そこにXLRプラグを接続できます。出力側なのでオスのプラグにします。この時、不平衡でアース側が共通だからといって、XLRプラグ側でコールド同士(3番と5番)を接続してしまってはバランス化の意味がなくなる(共通インピーダンスになる)ので独立したままにしておきます。

カテゴリー: audio | タグ: , , , , | コメントする

ヘッドホンのバランス対応 その2

ヘッドホンのバランス化にXLRコネクタを使う場合のコネクタのピン接続については先の記事で書きました。今回はコネクタのオス/メスについてです。3極ヘッドホンプラグなら、通常、配線がオス(プラグ)で機材がメス(ジャック)です。しかしXLRコネクタの場合はちょっと違います。 XLRコネクタの基本は、出力がオスで入力がメスです。配線側のコネクタはプラグ、機材側はリセプタクルと呼びます。ですので、ヘッドホンアンプの出力端子はオスのリセプタクル、ヘッドホン側はメスのプラグとなります。 オス/メスについても、先の記事に書いたAESの規格AES14-1992に定められています。

カテゴリー: audio | タグ: , , | コメントする

ヘッドホンのバランス対応

先の記事でヘッドホンアンプのBTL化について書きました。回路図を見て頂ければ分かると思いますが、出力のhot, coldとでアースから独立した信号ループを構成しています。一般にBTLのBはBridgedのBですが、Balanced Transformer Lessとも呼ばれ、平衡出力になっているのです。アースには信号が流れず、電位を定めるための基準になるだけです。 ここでヘッドホンの入力端子を見てみましょう。通常は、3端子のフォーンプラグになっています。頭(チップ)が左チャネル、胸(リング)が右チャネル、腹(スリーブ)がアースと接続されます。スリーブ(=アース)は左右チャネルで共通になっている訳です。 さて、ここでBTLに戻ります。BTLアンプは平衡出力です。hotは当然のこと、coldもアースとは別モノです。hotもcoldも左右チャネルで共通にすることはできません。これがステレオになる訳ですから2チャンネル分の4本の信号線が必要になります。ということは、通常の3端子のフォーンプラグでは端子が一つ足りません。そこで、ヘッドホンをバランス(平衡)対応させる改造が必要になる訳です。

カテゴリー: audio | タグ: , , , , , , | コメントする