svetlana」タグアーカイブ

SV811-3

Svetlanaブランドの新型直熱三極管SV811-3です。Sロゴの米国Svetlanaブランドなのですが、スヴェトラーナ工場製ではなく、リャザン工場製だそうです。およそ10年ほど前(1996年頃)にこのSV811とSV572がリリースされましたが、ブランドのいざこざで既にいずれの真空管も製造中止に陥っています。すなわち在庫品のみです。幸いなことに、国内ではサンエイさんに安価な在庫が豊富にあるようです。ただし、保管状態は正直あまりよくありませんので悪しからず。 さて、このSV811-3ですが、送信管の811Aをベースに開発されたオーディオ管です。送信管由来ということで、グリッドをプラス領域まで振るA2級アンプに賞用されるようです。煌々と輝くトリタンフィラメントは、6.3v 4Aという大食いです。 外形はちょっと間延びしたST管でソケットはUX 4ピン、ベースは白いタイト製です。サンエイさんで売られているのは赤いロゴプリントですが、金色のもの(T管のSV811-3A)もあるようです。全体的な作りは精度が甘く、プレートの溶接もちょっと雑っぽい印象。振るとマイカが管壁と擦れてシャンシャン鳴りますが、気にしない方向で。 音の印象はトリタン直熱三極管らしく、さわやかだそうです。上述の通り、ヒーター電源をどうにかしてカソフォロかトランスで振れば何とかなりそうですが、色々と大変そうです。

カテゴリー: power triode | タグ: , , | コメントする

6S4S写真追加

ロシアの直熱三極管6S4S(6C4C)のページに写真を追加しました。また、記事も少々追加してあります。ご確認下さいませ。

カテゴリー: power triode | タグ: , , | コメントする

6S4S

ロシア名6C4C。6B4G互換の直熱3極管です。 2A3のヒーター(2.5V 2.5A)を6.3V 1.0Aにしたのが6A3、さらにベースをUS 8ピンのオクタルにしたのが6B4Gです。2枚のプレートが並列に接続されたSylvania製をよく見掛けますが、カーボンスートされた他社製も見掛けます。また、M字に折り曲げたプレートを2枚合わせたのもあります。最近はSovtekの1枚プレートが入手しやすいと思います。 で、当の6S4Sですが、旧ロゴ(Winged-C)のSvetlanaとして流通しているようです。秋葉原であれば、ラジオデパートのサンエイさんか末広町寄りのタクトさんで購入できると思います。Yahoo!オークションにも商社のロゴ付きでよく出品されています。eBayであれば、ほぼコンスタントに出品されています。 日本ではSylvania製6B4Gが1ペア\15,000前後しますが、eBayであればほぼ半額。6S4SならeBayで1ペア$50程度です。お買い得ですね。

カテゴリー: power triode | タグ: , , , | コメントする