single amp」タグアーカイブ

ミニワッター構想 その3

昨日の記事で触れた回路をBSch3Vで清書してみました。回路の概要を把握するために書いたものなので、当然、定数は未定です。 出力段を定電流で縛ったシングルアンプとしては、ぺるけさんの実験がよく知られています。信号ループが最短化され、また、アースが信号ループに入りませんのでクロストークの改善も見込め、また、出力管の暴走もないというものです。ただ、初段は通常のカソード接地増幅ですのでアースが信号ループの一部になります。場合によっては、この初段がクロストーク悪化の原因になる可能性がありそうです。 ということで、初段も定電流で縛って、信号ループからアースを排除してみました。これで、少なくとも信号ループに関しては、全段差動PPアンプと同じような状態になる訳です。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , | コメントする

ミニワッター構想 その2

昨日は全段差動PPなミニワッターを検討してみましたが、先日の記事にも書いたように、真空管式差動ヘッドフォンアンプそのままな印象は否めません。オリジナリティなんて追求したところで凡人にホイホイ思い付く訳もないのですが、無い知恵を絞って考えてみました。 …何だかそれっぽいのができました。初段も出力段も定電流で縛り、出力から初段のグリッドへ帰還させます。信号ループがアースに流れないという全段差動っぽい回路になったのですが、これって本当に動作するんですかね。一応、LTSpiceのシミュレーションではそれっぽく動作しましたが、シミュレーションはシミュレーションですので過信は禁物であります。 まだ自信がないので、もちっと考えてから、後日、回路図をアップします。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , | コメントする

ミニワッター構想

ぺるけさん配布のミニワッター汎用シャーシを使ったミニワッターアンプを妄想しています。 もともとが「シングルアンプ プロジェクト」ですし、このシャーシを使ったシングルアンプの書籍も出るのでシングルアンプでいくのが王道なのでしょう。しかしヒネている私は、初段JFETで直結した全段差動プッシュプルアンプを考えてみたいと思います。 初段は手許にある2SK170、電源電圧は20V前後。出力段の球が悩みどころです。手許にある球のうち、インドMade in USAなMullardブランドのE182CC、JJのECC99、ロシアの6N23P-EV、同じくロシアの6N6Pあたりが候補となります。まあ、今は保留しておきましょうか。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , , , , , , | コメントする