mdr-cd900st」タグアーカイブ

SONY MDR-CD900STのバランス化 その後

SONYのモニターヘッドホンMDR-CD900STのバランス化については記事に整理してありますが、その後、ぺるけさんもバランス化の記事をウェブで公開されました。ぺるけさんの記事の方が写真も豊富で詳細な説明があり、分かりやすいと思います。なお、私の改造とぺるけさんの改造とでは、XLRコネクタのオスメスが逆になっていますのでご注意を。

カテゴリー: audio | タグ: , | コメントする

SONY MDR-CD900STバランス化

モニターヘッドホンとしてリファレンス的存在のSONY MDR-CD900STもバランス化してみました。 MDR-CD900ST(以下、900ST)のケーブルは3芯シールド線ですので、ケーブルの交換が必要です。900ST付属のコードブッシュを通すのであれば外径4.5mm、通さないのであれば5mm以下が目処です。手頃な4芯ケーブルとしては、モガミの2799、カナレのL-4E5C、あたりでしょうか。少し記憶が曖昧ですが、細目の4芯ケーブルが千石の地下にもあったようです。 今回は、モガミの2799にTECHFLEXのスリーブを被せてみました。2799はシールド線なので、シールドをXLRコネクタの1番ピンに接続する必要があります。接続しない場合はシールドが浮遊容量となり、よろしくありません(アンプでボリュームをアースしてない状態と同じです)。例によってオスのフォーンプラグとXLRコネクタ(オス)の変換ケーブルも作成しました。今回は、フォーンプラグ側でシールドと左右チャネルのcold側をアース(スリーブ)に繋ぎます。

カテゴリー: audio | タグ: , , , | 1件のコメント

ヘッドホンのバランス対応

先の記事でヘッドホンアンプのBTL化について書きました。回路図を見て頂ければ分かると思いますが、出力のhot, coldとでアースから独立した信号ループを構成しています。一般にBTLのBはBridgedのBですが、Balanced Transformer Lessとも呼ばれ、平衡出力になっているのです。アースには信号が流れず、電位を定めるための基準になるだけです。 ここでヘッドホンの入力端子を見てみましょう。通常は、3端子のフォーンプラグになっています。頭(チップ)が左チャネル、胸(リング)が右チャネル、腹(スリーブ)がアースと接続されます。スリーブ(=アース)は左右チャネルで共通になっている訳です。 さて、ここでBTLに戻ります。BTLアンプは平衡出力です。hotは当然のこと、coldもアースとは別モノです。hotもcoldも左右チャネルで共通にすることはできません。これがステレオになる訳ですから2チャンネル分の4本の信号線が必要になります。ということは、通常の3端子のフォーンプラグでは端子が一つ足りません。そこで、ヘッドホンをバランス(平衡)対応させる改造が必要になる訳です。

カテゴリー: audio | タグ: , , , , , , | コメントする