e182cc」タグアーカイブ

E182CC全段定電流直結シングルアンプ 構想その5

最後に電源部です。オリジナルの回路(定数)もまだ微妙にアップデートされています(リプルフィルタの120kΩ→130kΩ等)が、気にしない方向で。 大枠はオリジナルと同じです。初段の定電流回路をカソード電位で賄うようにしたため、マイナス電源が不要になりました。初段、出力段ともにカソードがアースから浮いているために、電源のリプルが顕在化する可能性大です。47uFのコンデンサを100uFにすることでリプルはおよそ半分になりますが、時定数が倍になりますので電源の立ち上がりがより緩慢になります。今回は定電流回路にMOS-FETを採用したので耐圧は問題になりませんが、もしLT317を使う場合はシミュレーション等にて確認した方がよいかも知れません。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , | コメントする

E182CC全段定電流直結シングルアンプ 構想その4

前回の記事で、ダンピングファクタ(DF)を求め忘れていました。E182CCのデータシート(13ページ目)によると、Ip=20mAの時、rp=2kΩとのことで、素のDFはおよそ 5k/2k=2.5 となります。ここに6dBまたは12dBの負帰還を掛けた場合、それぞれダンピング・ファクタ算出便利帳を参考に計算してみますと、 (2.5 + 1) * 2 – 1 = 6, (2.5 + 1) * 4 – 1 = 13 となります。ものはついで(?)とばかりに、高域特性も求めておきましょうか。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , | コメントする

E182CC全段定電流直結シングルアンプ 構想その1

前回の記事から少し間が開きましたが、ミニワッター構想はまだまだ深めていきます。 さて、前回は初段もE182CCで賄う方向へシフトしましたが、せっかくなのでこのまま話を進めましょう。前回はおおよその電圧の配分を検討しましたが、今回は実際の回路定数まで入れてみました。 一つの方針として、抵抗等は入手性が高く、一つの部品で済むようE24系列の値を採用しました。そのため、微妙に最適化されていないような気がしないでもないですが、ミニワッターですので出力が多少小さくなろうが気にしない方向で。 まずB電源の電圧ですが、195V巻線を整流して120kΩと1.5MΩで分圧した後にMOS-FETのG-S間で4V落ちるとして、およそ227Vが得られるとします(電源部の回路図はぺるけさんのオリジナル参照のこと)。初段プレート電圧を60Vとすれば、出力段のP-K間におよそ150V供給できます。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , , , , | 1件のコメント

ミニワッター構想 その6

前回までは初段にJFETを使っていましたが、E182CCのデータシート(12ページ目)を眺めていたら意外と低電圧でもそれらしく動作するっぽいことが分かりました。ということで、双三極管で電圧増幅から出力まで賄えそうな気がしてきました。 ということで回路図を更新。何のことはありません。先日の回路図の初段のJFETを三極管に変えて、出力段プレートに入れていた抵抗とコイルを除いた程度です。 E182CCのデータシートを眺めてみた感じでは、初段はプレート電圧50Vでグリッドバイアスを-2Vでプレート電流が3mAぐらい。このあたりでもrp=4kΩ, gm=5mS程度、つまりμ=20ぐらいあります。出力段のプレート電圧150Vでグリッドバイアスを-5Vとすると、プレート電流は20mAぐらい。 電源電圧が2V+50V+5V+150Vで210V弱、電流は左右の両チャネル合わせて50mA弱。これなら電源トランスは春日のKmB90Fで問題なさそうです。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , , | コメントする

ミニワッター構想

ぺるけさん配布のミニワッター汎用シャーシを使ったミニワッターアンプを妄想しています。 もともとが「シングルアンプ プロジェクト」ですし、このシャーシを使ったシングルアンプの書籍も出るのでシングルアンプでいくのが王道なのでしょう。しかしヒネている私は、初段JFETで直結した全段差動プッシュプルアンプを考えてみたいと思います。 初段は手許にある2SK170、電源電圧は20V前後。出力段の球が悩みどころです。手許にある球のうち、インドMade in USAなMullardブランドのE182CC、JJのECC99、ロシアの6N23P-EV、同じくロシアの6N6Pあたりが候補となります。まあ、今は保留しておきましょうか。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , , , , , , | コメントする

アムトランス 年末セール行ってきました

先日のブログ記事で紹介した神田連雀町のアムトランス本店年末在庫一掃セールに行ってきました。開店の30分前、09:30に一番乗り。文庫本を読みながら待つこと30分、開店とともに店内に流れ込み、比較的安価なMT管を漁りました。 本日はMullardのECC88とE182CCを2本ずつ。ECC88はMullardブランドにしては異様に安かったので、購入後にエッチングコードを確認しました。するとバンガロール工場(インド)のOEMであることが判明。Mullardの生産設備を使っているらしいので、気にしない方向で。一方のE182CCに至っては、管壁やら箱にはMade in USAとあるもののエッチングコードが判読すらできませんでした。まあこれも気にしない方向で。 今回のセール、個人的にはソケット等の周辺部品に期待していたのですが、パーツはポリプロピレンコンデンサ(しかも耐圧250V。真空管アンプには使いづらいッス)ぐらいしかなく、その点においてはちょっと残念なセールでした。 ちょっと気になったのは、お客さんのマナーが以前と比べて向上した(気がする)ことです。セールでいつも跳梁跋扈する、目を血走らせて割り込み押し込み押し退け押し出し上等なオジサマが比較的少なかったような気がしないでもないような印象があるようなないような夢のような幻のような。昨今の円高と株安で元気がないのでしょうか(意味不明)。

カテゴリー: tube shop | タグ: , , , , | コメントする