2sk170」タグアーカイブ

LS8A直結全段差動PPアンプ その1

この夏のために省電力アンプを作成しようと春頃から画策していたのですが、気が付いたらもう秋も深まってきた今日この頃、却ってアンプ作成にもってこいの季節になってしまいました。半年ほど温めてきたアイディアですが、そろそろ形にようと思い立ちました。 今回の第一のコンセプトは省電力アンプ、要はミニワッターです。今愛用している6S45P-E定電流単段シングルミニワッターも悪くはないのですが、正直、低音域が物足りない。豊かな低音を求めるのであれば、やっぱりPPアンプを選ぶのが無難です。しかし通常の出力管では省電力にならない。しかし既存ミニワッターのデッドコピーじゃつまらない。 省電力のもう一つのキモは、DC-DCコンバータの採用です。後述するように直熱出力管を採用しますが、電力効率のよいDC-DCコンバータを使って直流を得て出力管を点火します。その一方で、B電源の電圧のドロップには抵抗を使わざるを得ず、ここが省電力を徹底できない反省ポイントであります。 第二のコンセプトは、スッキリしたシャーシです。なるべく余計な放熱孔は空けず、ラグを立てるためだけの穴も空けず、当然シャーシ上に見えるネジの頭も少なめに。これは故・浅野勇さんの作品を眺めていて感じたポイントでもあります。 また、あまり厚みのあるシャーシだとズングリムックリ感があるので、薄めのシャーシを採用したいと思います。B電源の整流用電解コンが大変なことになりそうですが、見た目も重視ということで。 第三のコンセプトは、例によって平衡入力対応です。これはもう徹底していきましょう。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , , , , | コメントする

バランス駆動ヘッドホンアンプ製作 その1

ぺるけさんの著書『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』に付属の、ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプの基板を2枚使って、バランス駆動ヘッドホンアンプを作成します。 回路図の基本的なところは前掲の通りですが、以前購入した15V 1.75AのACアダプタが余っているので、これを利用したいと思います。また、hotとcoldの両方でドライブするので、利得が両方合わせて2倍強(6dB強)になるよう負帰還量を大きくします。負帰還量はVRを使わず固定します。また、負帰還量を増やすことに伴い、マイナス電源も-1.5Vから-3Vぐらいに強化します。 これらの変更に合わせて、回路定数を少し変更します。負帰還素子は51kΩと56kΩに変更。負電源を生成するダイオードを2コから4コへ増量。電源電圧と負電源の強化に伴い、初段の定電流回路(カレントミラー)の定数も変更します。詳細な計算は省くとして、定電流値を決める抵抗(R11, R12)を510Ωから360Ωに変更すればよいはず。

カテゴリー: hpa | タグ: , , , , , , , | 2件のコメント

ぺるけ式HPA製作 その1

今日からシルバーウィークということで5連休です。折角のお休みですので、今回はぺるけさんが公開しているFET差動HPAを自作することにしました。 OPアンプで電圧増幅してダイヤモンドバッファで出力、というHPAはよくありますが、ぺるけ式はFET(2SK170)による差動増幅をダイヤモンドバッファで出力します。細かい解説はぺるけさんのサイトに譲るとして、少し回路をいじってみました。こんな感じ; 電源アダプタを24V 0.5Aのアダプタに変更 初段の負荷を定電流負荷(カレントミラー)に変更 ダイヤモンドバッファの入力に抵抗(100Ω)を追加 エミッタ抵抗を10Ωから5Ωに変更、電流は30mA程度に 出力トランジスタは2SC5171/2SA1930に変更 他のトランジスタは2SC1815(L)/2SA1015(L)を採用 バッファ段の抵抗を調整して電流を4mA程度に 負帰還量を増加、アンプの増幅度は6dBに 負電源を-2.4V程度に変更 (Diを2コから4コに) デカップリング・DCカット用コンデンサの容量を3,300uFに増量 電源のリプルフィルタを二段に強化(?) 全体的な微調整

カテゴリー: hpa | タグ: , , , , , | コメントする

FETヘッドホンバッファアンプ本製作

先週試作したFETヘッドホンバッファアンプを本製作しました。主なポイント/前回の試作からの変更点はこんな感じ; 抵抗(6本)をすべてタクマンREYからOhmite無誘導巻線抵抗へ デカップリングコンを導電性高分子コンからOSコン(2.5V 2,700uF)へ デカップリングコンを左右チャネルごとに実装 今回もボリュームを省略、1kΩで代用 電源スイッチを追加 左右チャネルで共通インピーダンスを持たないようアース引き回しを修正 K170/J74のIdssをキッチリ測定 試作と比較して、より音の鮮度が上がった(分解能が上がった、音の粒度が上がった)印象です。ただ、これが抵抗を変えたことによるのか、コンデンサを変えたことによるのか、アースラインを修正したことによるのか、あるいはこれらが複合的に絡み合った結果なのか、分かりません。オーバーオールの負帰還がまったく掛かっていない分、パーツ/配線が音に与える影響が非常に大きいのかも。

カテゴリー: hpa | タグ: , , , | コメントする

FETヘッドホンバッファアンプ試作

通勤途中の電車の中や自宅でヘッドフォンを使うことが多いのですが、iPhoneやPCに直接ヘッドフォンを接続した時の音が微妙です。iPhoneについてはiTunesでインポート(リッピング)した際のコーデックやビットレートの見直しが必要でしょうし、後者はきちんとしたDACなりを介して接続すれば解決しそうですが、それはそれ。ということでヘッドフォンアンプを自作しました。 利用シーンとしては通勤途中の電車の中、つまりは家の外を想定していますので、当然のようにバッテリー駆動である必要があります。ということでnabeさんの高音質な低電圧ヘッドホンアンプ(単3×2本)も検討したのですが、手許に2SK170/2SJ74 (BLランク)がガッポリありましたのでFETヘッドホンバッファアンプ(単3×2)に決定。

カテゴリー: hpa | タグ: , , , , | 3件のコメント