月別アーカイブ: 2010年4月

E182CC全段定電流直結シングルアンプ 構想その7

1ヶ月ほど間が開いてしまいましたが、シングルアンプの計画はまだ進んでいます。 先月末の時点で回路図がだいたいまとまってきていたので、LTspiceでシミュレートしていたところ、帰還量を増やすと低域の利得が上がってしまうことが分かりました。低域時定数が3つ(以上)あり、スタガー比が確保できていないのが原因であろうと推測した訳です。 が、信号ループを最短化した場合の低域時定数の求め方が分かりません。そこで、ぺるけさんが運営されている「大人の自由空間」掲示板(現・「自作ヘルプ掲示板」)にて、この回路図を出した上で質問してみました。 そこで指摘を受けたのは、「そもそも初段信号ループに問題がある」というものでした。初段カソードが定電流回路によってアースから浮いているため、信号ループが構成されていない、という指摘です。考え方としては、初段カソードは(交流的に)アースに近い方がよい、グリッドとカソードは完全に絶縁されているのではなく、(バイポーラトランジスタのように)グリッドからカソードへ信号が流れている、と考えると分かりやすいのではないか、とのこと。つまり、出力段のような信号ループを最短化するコンデンサを挿入すればOK、というような単純な話ではないようです。

カテゴリー: tube amp | タグ: , , , | 1件のコメント

まずは近況を

去る03/31付けで、(株)吉田鎌ヶ迫の取締役を辞任しました。そして、04/12に新たに「わっぜか株式会社」を設立し、代表取締役に就任しました。当面は前職で携わっていた手描き関連のビジネスにコミットする予定です。 これに関連して、知的財産の権利化などに奔走する日々を過ごしております。そのため、ブログの更新が途絶えておりました。申し訳ありません。サンエイさんとタクトさんの営業日カレンダーについては、来月から更新を再開したいと考えております。 他の真空管関連のトピックとしては… Antituqe Electronic Supply(AES)のサイトがリニューアルしました。 AESは今月Spring Saleで10% offです。 BoiAudioWorksの真空管雑記の更新が再開されました。 BoiAudioWorksの雑記スペシャルセールでEH 300BとJJ 2A3が安い! New Sensor社から新造管のTungSol KT120がリリースされます。 ぺるけさんの書籍『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』リリース。 バンテックさんは07/10まで海外出張。 といったところ。ちなみに『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』は秋葉原の書泉ブックタワー2Fでフラゲしてきました。

カテゴリー: diary | タグ: , | 1件のコメント

更新が滞っています

すみません、更新が滞っています。今月末には状況報告を兼ねて更新しますので、どうぞ今しばらくお待ち下さい。

カテゴリー: diary | コメントする