月別アーカイブ: 2010年1月

東式SPスタンド “The Less”

この土日は比較的余裕があったので、LS3/5A用のスピーカースタンドを作成しました。 当初はぺるけさんのサイトにあるようなSPスタンドを計画していたのですが、ウェブでSPスタンドの自作例を漁っていたところ、この東式SPスタンド “The Less”の評判がなかなかいいことを知り、自作してみることにしました。 ただ、そのまま作るのも芸がないですし、そもそもオリジナルの寸法がLS3/5Aに合いません。そこで、少しばかり変更を加えることにしました。 Stirling LS3/5Aに合うよう寸法を変更 ウッドポールではなくイレクターを利用 失敗しても大丈夫なように、メタルジョイント利用 パイプの中にはジルコンサンド封入

カテゴリー: audio | タグ: , , | 2件のコメント

アムトランス 期末在庫一掃セール

現在、新春特別セールを開催中のアムトランスが、来月、期末在庫一掃セールを開催するそうです。以下、アムトランスからのお知らせメールを引用します; ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2/20(土)~2/21(日)期末在庫一掃セール!! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2/20~2/21期末在庫一掃セールの予告をさせていただきます。 2/20(土)10:00~18:00 2/21(日)10:00~15:00 オーディオショップ”オーディトリアム”にて 真空管/パーツ/アンプ/LPレコード/CDの大期末処分市を行ないます! オーディトリアムは、神田やぶそば隣りの店舗のことです。こりゃまた朝早くから並ぶしかないですね。

カテゴリー: tube shop | タグ: , | コメントする

真空管Wiki

先日の記事でEL34を探してウェブを漁ったことを書きましたが、当然、海外の真空管ショップも検索対象になる訳です。日本で評判のいい海外の真空管ショップというと、おなじみAESが筆頭ですが、個人的にはBoi AudioWorksもイケてると思っています。 で、そのBoi AudioWorksでは真空管Wikiを運営していたのですが、ここ最近はアクセスできなくなっています。どうしたんでしょ? この真空管Wikiにはロシア管の情報が満載で、とても参考になっていたのですが… Boi Audioworksと言えば、真空管雑記というブログも運営しているのですが、こちらも1年弱更新がありません。こちらは真空管の本場(?)の生の真空管情報が得られる貴重なブログで、真空管Wikiと同じぐらい参考になるサイトだったのですが… ショップ自体の運営は続いているようですのが、ハテサテ。両サイトとも再開してくれないかなぁ、と切に願う今日この頃。

カテゴリー: tube shop | タグ: | 1件のコメント

Stirling LS3/5A V2

LS3/5Aと言えば、英BBCが制定した規格に合格したモニタースピーカーにライセンスされる名称ですが、このLS3/5Aの現行機種にはRogersのLS3/5A 復刻版と、Stirling BroadcastのLS3/5A V2とがあります。 前者は2年ほど前に、英Rogers社の誕生60周年を記念して復刻したものですが、Rogersブランドが中国資本になっているためか、あるいはあまりに高価な価格設定のためか、あまりいい評判は耳にしません。 後者は、昨年末からようやく国内代理店が決まり、ウェブの他にも雑誌などでもその名前を目にするようになりました。昨年末の真空管オーディオフェアでも、代理店がデモンストレーションしていたようです。代理店がない間は、皆さん個人輸入していたようですね。

カテゴリー: audio | タグ: , , | 2件のコメント

EL34交換

会社で常用している6DJ8-EL34全段差動PPアンプですが、以前から片チャネルの出力段のプレート電流がフラフラ変動し、グリッド電位を調整してもすぐにまた狂う、という状況が続いておりました。 で、先日の土曜。片チャネルからプツプツという音とともにハムっぽいノイズが聞こえ始めました。急いでプレート電流値を測ってみると、とんでもない偏りが発生しておりました。しかも、グリッド電位を調整しても納まりません。こりゃ寿命か、ということで、さっさと電源を落として買い替えのためにアムトランスへ。 これまで使っていたのはJJのEL34で、特に不満もなかったのですが、今回EH (Electro-Hamonix、エレハモ)に変更しました。EHと言えば、奇妙なサルっぽい羊のロゴのアレです。交換してプレート電流値を確認しながらグリッド電位を調整したところ、素直に納まりました。数時間慣らした後でも電流値のバランスはしっかり取れたまま。やっぱり管がヘタっていたようです。音質の変化? 駄耳なのでよく分かりません。ただ、とてもよい音で鳴っていることは確かです。

カテゴリー: tube | タグ: , , , , , | コメントする

真空管 分解動画

昨年から引っ張っている10EG7の分解記事ですが、遅々として進みません。スミマセン。先日は6AH4GTをヤフオクに出品しようと準備していたら、ゲッターの消えている不良球を2つも発見してしまいました。ということで、10EG7の分解記事の次は、6AH4GTの分解記事? 分解記事と言えば、先日、2chの某スレで紹介されていた動画が興味深い内容でした。SED(Svetlana)の6L6GCを分解しながら、構造や動作を解説する動画です。 この動画、米の真空管通販ショップTubeDepotが提供しているものです。いやー、面白いですね。

カテゴリー: tube | タグ: , , | コメントする

Blackburn Microtech Solutions倒産?

新設計の12AX7, E813CCを発表して一時話題になっていたBlackburn Microtech Solutionsですが、昨年の9月に倒産し(財産管理下に置かれ?)、工場も閉鎖していたようです。 Historic Blackburn firm in administration Blackburn Microtech Solutions goes into administration. Blackburnと言えばMullardの銘球を生産してきた由緒正しい工場な訳ですが、”Mullard”ブランドは米New Sensor社が保有しているためにこのBMS社が使えなかったのも一因? しかし7,000人も雇用していたって記事には書いてありますけど、電子管工場ってそんな労働集約型なんですかね?

カテゴリー: tube | タグ: , , | コメントする

タクトさん 1月の営業日

日 月 火 水 木 金 土 営業時間 11:00-17:00 11:00-16:00 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 … 続きを読む

カテゴリー: tube shop | タグ: | コメントする

サンエイさん 1月の営業日

日 月 火 水 木 金 土 営業時間 12:00?-17:00? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 … 続きを読む

カテゴリー: tube shop | タグ: | コメントする

迎春

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

カテゴリー: diary | コメントする