投稿者「kamagasako」のアーカイブ

SONY MDR-CD900STのバランス化 その後

SONYのモニターヘッドホンMDR-CD900STのバランス化については記事に整理してありますが、その後、ぺるけさんもバランス化の記事をウェブで公開されました。ぺるけさんの記事の方が写真も豊富で詳細な説明があり、分かりやすいと思います。なお、私の改造とぺるけさんの改造とでは、XLRコネクタのオスメスが逆になっていますのでご注意を。

カテゴリー: audio | タグ: , | コメントする

真空管ショップ情報

その1。バンテックさんが長期の海外出張から戻られて、営業を再開しています。今回の出張の成果に期待です。 その2。スピーカー自作派にはおなじみのコイズミ無線で真空管がセール中です。高嶺の花、KR PX25が50,000円ちょっとで手に入る機会を見逃がすな! その3。アムトランス秋葉原店のブログが結構な頻度で更新されています。失速しないことを期待。 その4。キョードーさんは結局、ラジデパ2Fのどのスペースに移転したんだろう?

カテゴリー: tube shop | タグ: , , | コメントする

タクトさん 7月の営業日

日 月 火 水 木 金 土 営業時間 11:00-17:00 11:00-16:00 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 … 続きを読む

カテゴリー: tube shop | タグ: | 2件のコメント

サンエイさん 7月の営業日

日 月 火 水 木 金 土 営業時間 12:00?-17:00? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 13 15 14 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 … 続きを読む

カテゴリー: tube shop | タグ: | コメントする

バランス駆動ヘッドホンアンプ 完成

バランス駆動ヘッドホンアンプが完成しました。一旦完成させた後にも少し回路定数を変更したり、初段FETを選別し直したりしておりましたが、これで最終的な完成とします。回路図をアップします。電源SWの後ろに村田製作所のEMIフィルタBNX002-01を入れ、その後で左右チャネルに分けています。もちろん、EMIフィルタを左右チャネルごとに入れてもよいと思いますが、そこまですると過剰投資かも知れません。 消費電流は片チャネルあたり80mA、うちLED回路に6mAが流れ、増幅回路には残りの74mAが流れます。初段の定電流値を決定する抵抗R13を430Ωとし、初段のそれぞれのドレイン電流は2.3mAとしました。 当初はフロントパネルを飾りネジで留めていましたが、直径が8mmぐらいで高さも結構あり、ちょっと大仰になってしまった印象がありました。そこで、もうちょっと控え目なキャップボルト(六角穴付きボルト)と交換することに。ネジの西川にはステンレスのものの他に黒いものがあり、こちらを購入してみました。 黒い控え目なアクセントが四隅に配置され、引き締まった感じになりました。アルミ(アルマイト)の質感を大事にしたいのであれば、ステンレスのキャップボルトの方がよいかも知れません。

カテゴリー: hpa | タグ: , , | 1件のコメント

「真空管雑記」リニューアル

真空管通販ショップの米BOI AudioWorksのブログ「真空管雑記」がリニューアルされていました。サイトURLもfeed URLの変更になり、記事も追加されています。試験的にモデレート付きのコメント投稿も可能になったようです。 次回の更新の予告もされていますので、次の更新も楽しみに待ちましょう。

カテゴリー: tube shop | タグ: | コメントする

バランス駆動ヘッドホンアンプ製作 その7 (改修計画)

先日の記事で、ぺるけさんの書籍『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』に付属するぺるけ式差動FETヘッドホンアンプの基板を使ったバランス駆動ヘッドホンアンプは一旦完成としましたが、少し気になる箇所があります。 初段の動作点が最適化されていない 初段FETのドレイン電位が揃っていない 前者については、電源電圧がオリジナルの12Vから15Vに変更した(加えてマイナス電源も-1.5Vから-3Vに変更した)のに合わせて、初段の定電流回路の電流値を決める抵抗R13の値をオリジナルの510Ωから360Ωに変更したのですが、電流値が3.9mAと減ってしまい、動作点がイマイチ最適化されていません。 2SK170のデータシートにあるVds-Id曲線にロードラインを引いてみると分かりますが、最適化するには、 初段に流す電流を増やす 初段の負荷抵抗を大きくする あたりが考えられます。後者であれば、裸利得が上がるので負帰還がより強く掛かり、歪率や雑音特性の改善が見込めますが、おそらく耳では分からない程度の微々たるものでしょう。また、片チャネルあたり抵抗を2コ交換する必要があり、しかも今回はジャンパー線も再配線しなければならないので正直面倒です。

カテゴリー: hpa | タグ: , , , , | コメントする

FETペアチェック回路

FETのペアがうまく取れないことに業を煮やし、選別したFETがちゃんとペアになっているかどうか確認する回路を組んでみました。と、大層なことを書きましたが、単にFET差動HPAの初段を簡素化しただけの回路です。2本の負荷抵抗の抵抗値が一致していることが重要で、他は大雑把でも問題ありません。たぶん。 さっそくみの虫クリップとICクリップを大量に投入して回路を組み、1ペア確認してみました。凄いです。いきなりドレイン電位の差が0.020Vになりました。いい感じです。 が、あまりにも話がうまく行きすぎています。ちょっと嫌な予感がしたので、負荷抵抗の上端の電位差を測ってみたら、0Vではありません。みの虫クリップを調べてみたところ、どうもクリップが古いためにサビか何かで抵抗値を持ってしまっているようです。参りました。 みの虫クリップが使えないとなると、簡易版としてラグ板に実装するしかないですかね。ICクリップはいろいろと流用したいので、一端はテストピンプラグにしておきます。こうしておけば、今後、治具を作成した際に、治具側にテストピンジャックを実装することで、使い回すことができるようになるという次第。テストピンジャックなら、テスター棒も刺せますし。

カテゴリー: diary | タグ: , | コメントする

アムトランス秋葉原店 ブログ開始

秋葉原のラジオセンターにあるアムトランス秋葉原店がブログを開始しました。「あの」店番のおじさんたちの顔写真も掲載されています。 まだ始まったばかりなので、今後の展開に期待です。BOI AudioWorksのようにブログ限定の特価品とかがあると嬉しいなぁ、いやしかし、更新が滞ってしまうと困るかも、などと思い煩う今日この頃でありました。

カテゴリー: tube shop | タグ: | コメントする

バランス駆動ヘッドホンアンプ製作 その6 (完成)

ぺるけ師匠こと木村哲さんの『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』に付属のぺるけ式FET差動HPAの基板と、木村さんが有償(\900)で配布している同じ基板の2枚を使うバランス駆動ヘッドホンアンプが完成しました。 電源: 15V 3A ACアダプタ 消費電流: 74mA (片チャネル) 利得: 2倍 (6dB) 出力: バランス (平衡) 初段のFETは治具で選別した(つもりだった)のですが、測定してみたらドレイン電位が0.2Vもズレてしまいました。初段の定電流回路には3.9mAが流れています。電源電圧が高くなっているので510Ωから360Ωに変更したR13を少し減らして増やして、電流を増やしてもよいかも知れません(要検証)。 hot-cold間の利得はほぼ2倍(6dB)、対アースでhot/coldともに利得が揃い、きれいなバランス(平衡)出力となっています。

カテゴリー: hpa | タグ: , , | コメントする