6S45P-E

6S45P-E 外観その1

ロシア名6C45Pi-E。低rp高μの三極電圧増幅管ですが、ミニサイズの出力管としても扱えそうです。

低rp(1.2kΩ程度)高μ(50程度)の宿命として、当然のように高gmです。gmが10mSほどの6DJ8/ECC88でさえ発振に注意とよく言われますが、gmが40mSもあるこの6S45P-Eはどこまで注意すればよいのやら、という感じです。言うまでもなく発振止めのグリッド抵抗は必須でしょう。もしかしたらプレートにもコイルを巻いた抵抗を入れた方がよいのかも。

とは言え、高嶺の花になってしまったWE437Aや3A/167Mの代替としては非常に貴重だと思います。

eBayには1本$10程度でコンスタントに出品されています。国内では末広町近くのタクトさんで白箱入りが、秋葉原のクラシック・コンポーネンツでSovtekの箱入りが購入できたと記憶しています。価格はおよそ\2,000程度だったかと。ごく稀にYahoo!オークションにも出品されているようです。

カテゴリー: voltage triode タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です