FETペアチェック回路

FETペアチェック回路FETのペアがうまく取れないことに業を煮やし、選別したFETがちゃんとペアになっているかどうか確認する回路を組んでみました。と、大層なことを書きましたが、単にFET差動HPAの初段を簡素化しただけの回路です。2本の負荷抵抗の抵抗値が一致していることが重要で、他は大雑把でも問題ありません。たぶん。

さっそくみの虫クリップとICクリップを大量に投入して回路を組み、1ペア確認してみました。凄いです。いきなりドレイン電位の差が0.020Vになりました。いい感じです。

が、あまりにも話がうまく行きすぎています。ちょっと嫌な予感がしたので、負荷抵抗の上端の電位差を測ってみたら、0Vではありません。みの虫クリップを調べてみたところ、どうもクリップが古いためにサビか何かで抵抗値を持ってしまっているようです。参りました。

みの虫クリップが使えないとなると、簡易版としてラグ板に実装するしかないですかね。ICクリップはいろいろと流用したいので、一端はテストピンプラグにしておきます。こうしておけば、今後、治具を作成した際に、治具側にテストピンジャックを実装することで、使い回すことができるようになるという次第。テストピンジャックなら、テスター棒も刺せますし。

カテゴリー: diary タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です