AKG K701バランス化 その1

AKG K701アニメ「けいおん!」のキャラが作中で使っていたことで一躍有名になったヘッドホンAKG K701ですが、先の記事にも書いたように、ケーブルは4芯構造になっています。つまり、50cmぐらいケーブルを残して(理由は後述)フォーンプラグを切り落として、XLRコプラグに接続し直すだけでバランス化できます。

この4芯は、赤、黒、黄、白、の4色に分かれていますが、それぞれが右チャネルのhot, cold, 左チャネルのhot, coldとなります。つまり、5ピンのXLRプラグを繋ぐ場合、1番は空き、2番に黄、3番に白、4番に赤、5番に黒を接続することになります。入力側なので、メスのプラグを使いましょう。

既存の不平衡出力(フォーンプラグ)しかないヘッドホンアンプにも接続できるよう、変換ケーブルも作っておくとよいでしょう。切り落としたフォーンプラグに50cmほどケーブルを残しておけば、そこにXLRプラグを接続できます。出力側なのでオスのプラグにします。この時、不平衡でアース側が共通だからといって、XLRプラグ側でコールド同士(3番と5番)を接続してしまってはバランス化の意味がなくなる(共通インピーダンスになる)ので独立したままにしておきます。

なお、AKG K701のケーブルはシールド線になっていませんが、もし気持ちが悪いようであれば、4芯のシールド線に交換することも検討してよいと思います。シールド(=アース)は1番に接続します。また、4芯が2対のツイストペアになっていると外部からのノイズにより強くなりますので、検討の価値はあると思います。もっとも、私はヘッドホンのハウジングをいじりたくないのでこのままにしています。

工作に必要なのは、以下の通り。

  • AKG K701
  • XLR 5ピンプラグ(メス)
  • XLR 5ピンプラグ(オス)
  • 絶縁チュープ (熱収縮チューブ、エンパイアチューブ等)
  • はんだ 少々
  • はんだ付け用具一式
  • ヘッドホンを改造する勇気

5ピンのXLRプラグは、秋葉原の千石電商3号店で、ITTキャノン製がメス1,080円、オス850円でした(通販サイトにはないようです)。オーディオ向けを謳った互換品は、秋葉原であればオヤイデ小沼電気などで入手できると思います。配線がスリーブとショートすることを防ぐ絶縁パイプが同梱されていますが、配線間のショートは防げませんので、別途絶縁用のチューブも用意します。

そして、バランス化するAKG K701を用意しますが、改造してしまうと(おそらく)メーカーや販社の保証対象外になります。保証を受けられなくなってもいいからバランス化してみたい、という勇気がないのであれば、ここらで引き返した方がよいかも知れません。

次回は、実際の作業を行います。

カテゴリー: audio タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です