Smalltalkで学ぶオブジェクト指向プログラミングの本質

Smalltalkers’ Salon MLにて、著者3名の直筆サイン本を送料込みで\4,000で販売! という案内を読み、購入を決定。通称「ブラックブック」です。

ざっと「はじめに」に目を通しましたが、「普通のプログラミングの本ではない」というのが第一印象。何やら哲学的なことが書いてあります。これは読み応えのありそうな一冊です。また、Smalltalkの初級者、中級者、上級者の3名による著作ですので、それぞれのステージに合致した学習が期待できそう。このところ、電子電気の本ばかり読んでいたので、ちょっとした気分転換も兼ねてじっくりと読み進めたいですね。

カテゴリー: book review タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です