はじめての真空管アンプ

タイトルそのまま、真空管アンプ初心者向けの書籍です。

著者の黒川さんは、初段・ドライバ段に低rp球を採用して広帯域を実現する出力段位相補正アンプを長年提案している、真空管アンプ設計のベテランです。懐古趣味に走ることなく、CD等の現代的なソースにも通用する真空管アンプを実装するためのノウハウが掲載されています。

本書の目標は300Bのシングルアンプを実装することなのですが、そこだけに集中することはありません。この書籍だけでアンプを設計できるようになるかどうかは微妙なところではありますが、初心者向きかつメタな、しかし詳細な知識を得られるという点では、ぺるけさんの『情熱の真空管』以上に価値のある本だと思います。

まずとにかく真空管アンプを作りたいという方には『情熱の真空管』、もうちょっと腰を据えて学びたい方にはこの書籍、一生の趣味にしたいという初学者の方には両方の書籍をお薦めします。この二冊がちょうど補完関係になるかと思います。

カテゴリー: book review タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です